食事制限とリバウンド

食事制限によって一時的に体重を落とせたけれど、直後にリバウンドして元に戻ってしまったという人がいます。最終的にダイエットがうまくいったと言える人は、以外と少ないというのが実情だといいます。リバウンドしたせいで、結局痩せていられたのはほんの数日という人もいます。ダイエットを成功で終わらせることは、大変なことも多いといいます。ダイエット中に起こるリバウンドとは、ダイエットをした後に体重が元の体重にすぐ戻ってしまうことです。リバウンドしたために、より脂肪がついてしまう人もいます。体に負担のかかる方法はリバウンドの温床です。絶食すれすれの食事制限などは、要注意といえます。食事制限を行った時だけダイエットがうまくいったように見えますが、一時的な現象に過ぎません。ダイエットはやっぱりうまくいかなかったということになるのです。リバウンドがあったために、ダイエット開始時点よりも体重が増え、肥満が進んでしまうという人もいます。何のためにダイエットをしたのか努力が全く無駄になってしまうケースも少なくありません。極端な食事制限がリバウンドを招くのは、食事をしないと健康状態に支障が生じ、体はそれを望ましくないことと判断するという機能によります。リバウンドしない方法でダイエットをするためには、短期間で一気に痩せるような減量方法は避け、体に負荷がかかりすぎないような方法で続けやすそうな食事制限をすることです。

リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

極端な食事制限などでダイエットを試みる人は、たいがいがリバウンドをしたことがあると言われています。リバウンドは、どんな食事制限をしていたか、普通の食事にどうやって戻したかも関係します。もともと、ダイエットとは適正体重になるために行います。人の体が太るのは、摂取カロリーの多過ぎる生活や、不規則な生活習慣などが背景にあるものです。いかにうまくダイエットを進めていくか考える必要があります。何となくカロリー量を減らしてみるというノープランのダイエットは、成功率が低いといえるでしょう。摂取カロリーと、消費カロリーのバランスが、体脂肪率を増やしたり、減らしたりします。消費カロリーが多ければ体重は減りますし、摂取カロリーが多ければ体重は増加します。カロリーの使い方で、体重は左右されます。食事制限をすれば摂取カロリーを減らすことができますので、活動に必要なエネルギーを得るために体脂肪を燃やせば、ダイエット効果は得られます。ただし、食事制限だけでダイエットをしようとしても、人体はいずれはそのカロリーだけでバランスをとろうと代謝を低下させます。どんなに食事制限を行っていても次第に体重が落ちなくなり、いくらダイエットを続けていても体重がなかなか減らない停滞期が始まります。ダイエットをしている時にリバウンドが起きるのは、停滞期に入っている時に普段どおりの食事をすると、脂肪になりやすいためです。リバウンドが起きるのは、食事制限を中心にした体に負担の大きいダイエットをした場合ですので、段階的な食事制限がおすすめです。

リバウンドで体重が増える原因

リバウンドとは、食事制限などで落とした体重が、また元の状態に戻ってしまうことです。リバウンドさせずに、体重を減らしたままにするいい方法は存在するものなのでしょうか。食事制限でのダイエットは、開始直後こそどんどん体重が少なくなっていきますが、ある時を堺に減っていた体重が減らなくなってしまうようになります。停滞期といい1か月ほど続きます。停滞期の原因は体のホメオスタシスという機能です。体に少量のエネルギーしか入ってこない場合エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のことです。食事から補給できるエネルギーが少なくなると、人の体は補給と消費のバランスが取れるように体を調節するため、代謝が下がります。停滞期の状態で食事を元どおりに戻しても、体は停滞期のままで、エネルギーを使わないようになっています。代謝が下がり、停滞期になっている時にダイエットをする前のカロリー摂取量で食事をすると、カロリーが使い切れなくなって前より多く余ります。ダイエットを続けていると、満腹感を感じにくくなります。脳に満腹したというサインを送るためには、レプチンという物質が必要です。しかし、食事制を少なくしているとレプチン自体が少なくなり、満腹感を感じづらくなります。ダイエットをやめて食事の量を戻した場合、レプチンの量も変化するのですが1か月くらい時間がかかります。ダイエットをする前の食事に戻しても、レプチンが少なければ前ほどの満腹感は得られません。食べ過ぎてしまうのが関の山です。リバウンドで体重が増える背景には、こういった理由があるためです。

酵素ドリンク

酵素ドリンクと聞いていまいちその実体が何なのか、ピンと来ない方も多いかも知れません。まず、「酵素」ですが、原料は野菜や果物です。 酵素と言うと「消化」と言う言葉を連想しますが、酵素は私達が食べた食物を消化または吸収するばかりでなく、呼吸をしたり、体を動かしたりという人間の身体にとっていちばんの基本である、活動に関与しています。それにプラスして食べ過ぎや病気、加齢によって不足しがちな酵素を補うことで食べ物の消化がスムーズになります。 新陳代謝や脂肪の燃焼しやすいカラダになり、さらにいいことに自然に痩せやすい身体となっていきます。酵素が減るとさらに悪いことに血液がドロドロになります。 よく「血液がさらさら」だと健康によいというフレーズをみかけますが、果たしてどのようにいいのかわかっている人は少ないのではないでしょうか?

酵素の代表格である「消化酵素」を例にとってご説明します。 口で咀嚼されて細かくなった食物は唾液に含まれるアミラーゼによってでんぷんが 分解されます。でんぷんの構造モデルはブドウ糖の玉がひっついて数珠ツナギになったような形をしています。でんぷんのままでは体が吸収することが不可能ですので、「アミラーゼ」という物質がひとつひとつの玉を切り離して行ってくれます。 しかしながら消化酵素が十分でないと消化できていない糖などがそのまま体に吸収されてしまい、結果として血液がドロドロになり、赤血球同士はひっついてしまいます。

わずか7ミクロンの赤血球の直径が自分よりも細い血管の中を通っていきますが体の90パーセントを占める毛細血管の細さはなんと5ミクロン。血液どろどろ状態ではとてもスムーズに通れません。 そうすると体にも変調をきたすのは当然ですが、酵素が十分足りていればこのような状態でも玉が重なることなくスムーズに通れるのです。

なんらかの事情で酵素がうまく作れなくなった人は食物で栄養をとったつもりでも 体にとっては良い物ではなく、「異物」に他なりません。 酵素をうまく摂取できてないと体のすべてにおいて良いことがありません。 うまく酵素を摂取できない人はサプリメントやドリンクなどの方法で接種することを お薦めいたします。
酵素ドリンクおすすめランキング

ごぼう茶ダイエット

木曜日ごぼう茶を買いました。その名の通り、ごぼうのお茶です。
ごぼうの味がします。ダイエットに良いらしく、飲み始めたころはお通じが異常によく、これは大変だと思い次の日用事ごともあったので、急遽金曜日から麦茶にしました。そして日曜日からまたごぼう茶に変えたのですが、今回はそんなにお通じに影響なくほんとにダイエットにいいのかしらと思いました。
母のアドバイスもあり、一日一パックに決めました。
やせるといいな。